VOZ BLOG

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

MAのお仕事。

こんにちは、映像部の田中です。
先日入社3年目に突入し、人間としては生まれて2○年目に突入しました。
これからも精進したいと思います。

さて3年目を迎え、編集のお仕事も徐々にやらせていただいたり、
入った当時よりやれることが増えてまいりました。

私のメインのお仕事「MA」
CMやVPにBGMや効果音付け、ナレーション収録などを行います。
cubase.png
これは先日三四六Webで公開された、
松山三四六さんの駒ヶ根コンサートのCMのMA作業画面です。
これはナレーション(1段目の赤い所)、BGM(二段目)
最後のサウンドロゴ(四段目と五段目)の3つが主な構成要素で、
効果音は使っていないため作業は少なめです。
三段目はBGMの音量を調整しているトラックです。

弊社でつくるCMでこういったパターンは少なく、
基本的にはこの構成に効果音が入ってサウンドロゴの代わりに企業名などが入ります。
音をうまく使うことで映像を際立てたり、印象を操ったりするのが
私の仕事です。(かっこいい。)

印象を操る、というと少し大げさですが、
わかりやすいように同じ映像に4種類別の音をつけてみました。


その1

その2

その3

その4

いかがでしょうか?どれが好きですか?(笑)

1つめは金属音と電子的な響きを組み合わせた音です。
なんとなく洗練されたイメージがあるのではないかと思います。

2つめは重低音で、よく映画の予告などで使われる類の音。
緊張感がある感じが出ます。

3つめはコミカルな音で、親しみやすさを感じます。

この3つは一番大きく表示された時に音がついていますが、
4つめは文字が出てくるストロークに音をつけています。
ワクワク感が助長されるのと、
ナレーションをつけた時に効果音とかぶりにくいのがいいところです。

私の主観なので一概には言えないと思いますが、
同じ映像なのにそれぞれ全く違う印象があるのは感じてもらえたかと思います。
CMのコンセプトや映像に合わせたものを選んだり、時には作ったりしながら
映像をよりよいものにしていきます。

最近時間ある時にはこの効果音を作る作業を勉強しています。
使い物になるにはまだだいぶかかりそうです。


久々に有意義な記事を書いた気がします。
次回はBGMの話をしたいです。

category: 機材・設備

[edit]

page top

災害、備えていますか?

しばらくブログをサボってしまいました。
映像部の田中です。

未だ東日本大震災の傷も癒えぬ間に、先週末起きた熊本県の地震。
すでに大勢の方が亡くなり、建物の倒壊、道路の崩落や山崩れなど
甚大な被害がでていて、余震もおさまらないようですね…。
せめて早くライフラインが回復し、余震がおさまって欲しいと願います。

この諏訪を含めた地域でも何年も前から大地震が予測されていますが、
皆さんは防災の備えは万端でしょうか?
かくいう私は万端とは言えず、3人で住んでいるわが家では1人分の防災セットしかありません。
母と「きちんと揃えないとね」なんて話もしたところです。

では、災害時本当に必要なものは何か?
もしかしたら、経験者の方しかはっきりはわからないかもしれません。
また、災害の規模や季節、地域柄にもよって変わってくることもあり
一概にこれだけあれば大丈夫とは言えませんよね…。

私は前職が報道関係で、東日本大震災発生直後から現地に赴いたのですが
早春の東北、まだ雪も降り気温も低い毎日だったので
とにかく防寒具がほしい、と思った記憶があります。

今回の熊本では、日中25℃を超えることもある一方、朝晩は肌寒い日も。
汗をかいても服を着替えられない、シャワーを浴びることもできないとなると
不快感でストレスが貯まるうえ、風邪もひきやすくなってしまったりします。
そうなると、体を拭けるウェットティッシュや着替えが沢山欲しいかも。

場合によって様々ですが、私が東日本大震災の際に5日間ほど現地で過ごして
特にありがたかったもの、あった方がいいと感じたものをご紹介しようかと思います。

◎ベルトつきの懐中電灯
 頭などに装着できるタイプの懐中電灯です。作業をしたいとき両手が空きますし、
 ずっと身につけていられるので無くしづらいです。
 夜、屋内では天井にむけて置くと光が部屋全体にまわって結構明るくなります。

◎小さく畳めるタイプの防寒具
 防災用品はかさばるものも多いので、薄手でも小さく畳めるものがいいかと。
 枕や布団代わりにもなり、人の多い避難所では目隠しとしても使えます。

◎めがね
 個人的すぎますがコンタクトを使っているので洗浄も取り替えもできず、
 非常に不衛生な状態で過ごしてしまいました。はずすと何も見えないので…。
 でもそういう方多いのではないでしょうか?家用のめがね等とは別に、
 防災セットに入れておいていいかもしれません。

◎生理用品
 今回の地震では話題になっていますが、東日本のときも避難所で欲しいという声が聞かれました。
 でも女性特有のものなので、実際避難している時には言いづらいものです。
 救援物資としても食糧や衣類が優先され、もしかするとなかなか届かないかもしれません。
 ストレスで急に月経がくることもあります。女性だったら持っておいた方がいいですね。

◎アルファ米
 災害時の食糧として乾パンやカップ麺はよく言われますが、私はアルファ米を災害時初めて知りました。
 (有名だったら恥ずかしいのですが)お米を乾燥させたもので、水でもどせるのがすごい!
 避難生活で水は手に入ってもお湯を沸かすのは難しかったりするので非常に便利です。
 またごみも少なくできるところもありがたい。あと美味しい!!これがかなり大事ですね。
 
 なんとアルファ米は自分でも作れるようなので、興味のある方はぜひ調べてみて下さい。


他にも色々ありますが私が特に感じたのは上記のものです。

まだまだ被災地は大変なことが沢山あり、衣食住が伴わない生活はすごく切ないと思います。
自分の防災の備えを確認し、支援できることは支援していけたらいいなと思います。

category: 未分類

[edit]

page top

新しい◯◯

2016年、すっかり始まりきって2月ですね!

2016年申年、諏訪人の待ちかねた御柱年でございます。
さると言えば、日光東照宮の見ざる・聞かざる・言わざるを思い出しますが、
私は見る!聞く!言う!の三拍子で、
感性を豊かに、いろんな意味で潤いのある年にしたいと思います。
あ、ただ撮影日とかの天気は潤わない方向でいきたいですね。
今年もよろしくお願い致します。


さて、新しい年が始まって、新入社員が入ったり、新規案件が入ったりと
ジェイキッズ的にもバタバタしておりますところ、
私事ですが…赤ちゃんが生まれました!! 友人に!

進行形で仲良くしてくれてる友人が出産したのは初めてだったので
すごく感動して、新しい命にとてもハッピーな気持ちになりました。

そんなわけで、出産祝いを贈らねば!!と生まれる前から意気込んで、
色々調べた結果…あっても困らず、かつ見栄えのするもので考えた結果、
おむつケーキなるものにたどり着きました。
通販サイトで可愛い完成品がたくさんありましたが、せっかくなので手作りすることに。

このために、人生で初めてパン◯ースを買いました…。
装飾用の飾りを買ったり、赤ちゃん用のタオルやスタイを買って
母に「はやく自分の子どものために買えるようになって」と小言を言われながら
道具が揃ったところでれっつワクワク!

omutu.jpg
まずおむつを詰めるためのワクを作ります。きれいに丸型になればなんでもいいかと。
ベルトにつめて、あとでリボンを巻いてから外したりするようですが、今回はこのままで。

omutu2.jpg
おむつを詰めます。円の中にきれいに納まるようにするのが結構難しい!
おむつをひとつひとつ丸めて詰めるパターンもあるようですが、
今回はおむつ62枚もあり、丸めて作るとめちゃくちゃでかいケーキになるため
こっちのパターンで、サイズを変えて大小2段ぶん作りました。
少ないおむつで大きく見せるには丸めた方がいいかもしれません。

omutu3.jpg
できた土台のまわりにタオルを巻きました。
見栄えが全然違います。

omutu4.jpg
友人の好きな動物がひつじなので、「赤ちゃん ぬいぐるみ ひつじ」で検索し
一番可愛い子をお取り寄せしました。
別で購入したスタイをマントっぽく装着。こ…これは可愛いぞ!
心なしか顔がキリッとして見えてきました…(ドキドキ)

omutu5.jpg
最後にひつじちゃんを乗せて完成!

通販で買える完成品に比べたらだいぶ見劣りしますが、
自分の目で良いものを選び、喜んでもらえるように手をかけるというのは、
仕事にも通じるところがありますし、
友人の喜ぶ顔を想像していると、かけた時間がすべて楽しく思えました。


ちなみに、友人は東京に住んでいるので宅配で送らないといけないのですが、
高さ45センチ、直径30センチもあるんです…。でかい…
ラッピング用の袋と、宅配用の箱、買いにいかなくては。

category: 未分類

[edit]

page top

加賀百万石の旅

えっ???もう12月半ばですって!?信じられない!!
映像部の田中です。1年って早いですね…。

もう先月になってしまいましたが、友人やそのご家族と連れ立って
金沢まで遊びに行ってきました!

兼六園

以前スタッフブログでも金沢旅行について先輩が書いておられましたね。
兼六園、とっても綺麗なところでした!あんな庭のある家に住みたいです。
時雨亭という園内の茶室でお抹茶と和菓子をいただき、至福の時でした。

金沢1

お〜〜い前田利家〜!何背負ってるの〜?
利家とまつを祀っている尾山神社へも行ってきました。
この神社、明治初期にできたらしいのですがステンドグラスを施した門があったりと
とても珍しい神社です。全体的にもなんだか近代的で西洋っぽい造りでありました。

そしてここからが本題なのですが…
みなさん、御朱印ってご存知でしょうか。

朱印(しゅいん)は、神社や寺院において、
主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。
敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる。

<wikipedia参照>

最近流行っているらしいですね。
御朱印のもともとの意味は諸説あるらしいので、私が語るのはやめておきます…。
同行した友人がずっと集めていたのですが、私もこの旅から一緒に始めてみました。

金沢3

本当にミーハーな気持ちで始めたのですが、
神社やお寺をまわっているうちにその場所の所縁や祀っている神様など
自然と気になって調べるようになりました。
ちょっと調べるだけで歴史を感じ、行くととても穏やかな気持ちになります。
書いてくださる神職の方の顔をみて、いただいた字をみると「ああ〜!」ってなります。
名は体を表す的な…字にその人の雰囲気が出てるんですよね。
弊社のデザイナーのみなさまの作品にも、その人らしさが出ているそうで、
いつもデザインをみている方にはすぐわかるそうです。面白いな〜。

私も良い意味で私らしい仕事ができるようになりたいです。

このあとにも何社かまわり、順調に徳を積んでいる…ような、気がします。
県内でも行ったことのない土地がたくさんありますが、
これを機にドライブがてら、いろんなところに行ってみたいですね。
先日は上田の真田神社と生島足島神社に行ったので、次は戸隠、かな…!

category: 未分類

[edit]

page top

観劇のすすめ

朝晩の寒さに引き替え、昼間はとても暖かい日が多いです。
(…と、先週のうちに下書きをしていたら、今日はすごく寒いですね…)
秋のこういった陽気のことを小春日和といって、
アメリカではインディアンサマーというらしいです。
…と、先週の三四六めしの撮影で三四六さんが仰ってました。
そして先日、先輩に聞いて初めて「上水内郡」の読み方を知りました。
日々勉強、映像部の田中です。

さて、先月に引き続き芸術鑑賞のすすめでございます。
私は高校時代、演劇部に所属しておりまして、音響を担当していました。
それがきっかけで今の音の仕事に行き着いたわけですが、
当時やった演目のひとつが、ギリシャ悲劇の最高傑作と名高い「オイディプス」

このオイディプスをルーマニアの劇団がまつもと市民芸術館でやる!
日本でルーマニアの方々の芝居を観れることはそうない!ということで行って参りました。
初めて行きましたがおしゃれな外観でした!写真はまた撮り忘れました…

oidip.jpg

全編ルーマニア語で、日本語と英語の字幕が出るスクリーンが舞台上部に設置されてました。
こういった形式の舞台は初めてで最初は文字を追うのに必死でしたが、
ストーリーがなんとなくわかっているので慣れてきたら芝居に集中できるように。
盛り上がるシーンでは胸が熱くなったり、または背筋が凍るようになったり…
演劇部のときを思い出しながら、鑑賞してまいりました。

オイディプスが国王となってから、国では疫病がはやり、不作に見舞われるようになる。
救いを求めて神アポロンに信託を受けると、先王ライオスを殺した者を追い出せと告げられる。
国をあげてその犯人を追及するのだが、その犯人が実はオイディプス本人であった…。


というのが大まかなあらすじです。
お芝居というのは同じストーリーでも演出家や演者によって全く違うものになるのがすごく面白くて、
そこが好きなところでもあります。
演劇部では謎が明らかになり変わりゆく人間模様を長く費やして演じましたが
この舞台ではオイディプスが没落し絶望していく様子が細やかに演じられていました。

どこに焦点をあてるか?何を一番伝えたいのか?
おそらくこれが演出を大きく左右するんだと思うのですが、
これは映像やデザインの世界にも通じるものがあると思います。
一番伝えたいものをどう見せるか。その脇役をどう配置するか。
映像を作るとき、その辺をもっと意識してやっていきたいと思います。


今回の舞台で残念だったことが二つありました…
ひとつは、日本語訳が直訳すぎて叙情的でなかったこと。
もっと日本語的にしてもいいのでは?と感じました。

もうひとつは…
前の席の人の座高が高くて舞台の真ん中が見えなかったこと…

舞台は映画と違い、リアルタイムで役者の呼吸や熱が感じられます。
今回私が観たのはいろんな意味でマニアックですが、
テレビで観る女優さん俳優さんが出ていたりして観やすいものは沢山あります。

芸術の秋!みなさんぜひ一度観に行ってみてください。

category: 芸術に触れる

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。