VOZ BLOG

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

キャノンケーブル作成(後編)

時間が空きましたがケーブル作成後編です!
前回はケーブルのビニールを剥いてシールドをまとめるところまできましたね。

IMAG0140.jpg
ここから今度は青い芯(ホット)と白い芯(コールド)をそれぞれひねってまとめ、
ハンダ付けしていきます。
細かい作業で目が疲れるので休憩しつつやりましょう。
断線防止のためにもここでしっかりハンダで固めてあげるといいかと思います。

IMAG0142.jpg

ここでケーブルチェッカー登場です!
見て下さいこの小さなボディ〜〜〜!
大体手のひらに乗っかるくらいのサイズですが、
このベリンガーのケーブルチェッカーはとてもお安く、2500円くらいで買うことができます。
チェック方法も簡単ですしケーブル作成にはかなり便利です。

…一番大事なところで写真を撮り忘れました。
ケーブルチェッカーにオス端子を差し、3つある穴にハンダを流し込んでおき、
ハンダごてで溶かしながら導線を接続するとやりやすいです!
ホット・コールド・シールドの場所を間違えないようお気をつけ下さい!!

osms.png
[出典:wikipedia] 左がメス端子、右がオス端子です。
この図は各端子を正面から見たものになってます。

1番がシールド(銀のやつ)
2番がホット(青い芯)
3番がコールド(白い芯)


それぞれの端子の裏側からハンダ付けすることになるので、この正面からの図が左右反対になり
オス端子を作るときは図のメス側の配線
メス端子を作るときは図のオス側の配線

で、ハンダ付けしていきます。

IMAG0144.jpg
ちょっとわかりにくいですが、この写真ではオス端子を作っていますので

 ○ ○  ←こうなってるところに
  ○

  ①  ←このようにハンダ付けします。
  

ハンダ付けしたのがこちら↓
IMAG0145.jpg
ここまでできたら先に通しておいた端子カバーをはめ込んでオス端子は完成です!
同じようにしてメス端子も作成します。

IMAG0149.jpg
ケーブルテスターモードでこの写真のように点灯すれば配線は正しくできてる証拠です。
実際使用するまでマイクを繋げたり何度かチェックしてみて下さい。
これで完成です!!


ちなみに…
今回は1mで作りましたので、材料費は
ケーブル1m100円、オス端子250円、メス端子300円なので650円
1mのキャノンケーブルは購入すると1500円〜2000円程度。

めっちゃお得です。ケーブルは消耗しますので、修理したり何本か作ろうと思ったら
道具も買って損はありません。
やり始めると結構楽しいので、ぜひやってみて下さい!

さて、もうすぐ3月が終わりますね。
諏訪はまだ寒い日が多いですが、暖かい日が増えて色んな所にでかけたくなります。
皆さんは「あったかいね〜」って口にするたび
「あったかいんだから〜」が頭をかすめたりしませんか?

お笑いの歌ネタに限らず、CMやヒット曲なんかもテレビでしきりに流れていると
意識していなくてもしっかり記憶に残ってしまうものですよね。
やったことはないんですが、英語を聞き流しで覚える!なんていう教材もあるので
聴覚と記憶の結びつきはほんとに侮れないな〜と思います。
そういうわけで先週の三四六めしの一場面が頭を離れません。



編集作業をすすめるうちにすっかりたかしまんファンになりました。
今回もおむすびが美味しそうなのでぜひご覧下さい!
スポンサーサイト

category: 機材・設備

[edit]

page top

« 「勲章」MV公開です!  |  キャノンケーブル作成(前編) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://vozblog.blog.fc2.com/tb.php/19-408d93b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。