VOZ BLOG

映像制作の現場から!

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

MAのお仕事。

こんにちは、映像部の田中です。
先日入社3年目に突入し、人間としては生まれて2○年目に突入しました。
これからも精進したいと思います。

さて3年目を迎え、編集のお仕事も徐々にやらせていただいたり、
入った当時よりやれることが増えてまいりました。

私のメインのお仕事「MA」
CMやVPにBGMや効果音付け、ナレーション収録などを行います。
cubase.png
これは先日三四六Webで公開された、
松山三四六さんの駒ヶ根コンサートのCMのMA作業画面です。
これはナレーション(1段目の赤い所)、BGM(二段目)
最後のサウンドロゴ(四段目と五段目)の3つが主な構成要素で、
効果音は使っていないため作業は少なめです。
三段目はBGMの音量を調整しているトラックです。

弊社でつくるCMでこういったパターンは少なく、
基本的にはこの構成に効果音が入ってサウンドロゴの代わりに企業名などが入ります。
音をうまく使うことで映像を際立てたり、印象を操ったりするのが
私の仕事です。(かっこいい。)

印象を操る、というと少し大げさですが、
わかりやすいように同じ映像に4種類別の音をつけてみました。


その1

その2

その3

その4

いかがでしょうか?どれが好きですか?(笑)

1つめは金属音と電子的な響きを組み合わせた音です。
なんとなく洗練されたイメージがあるのではないかと思います。

2つめは重低音で、よく映画の予告などで使われる類の音。
緊張感がある感じが出ます。

3つめはコミカルな音で、親しみやすさを感じます。

この3つは一番大きく表示された時に音がついていますが、
4つめは文字が出てくるストロークに音をつけています。
ワクワク感が助長されるのと、
ナレーションをつけた時に効果音とかぶりにくいのがいいところです。

私の主観なので一概には言えないと思いますが、
同じ映像なのにそれぞれ全く違う印象があるのは感じてもらえたかと思います。
CMのコンセプトや映像に合わせたものを選んだり、時には作ったりしながら
映像をよりよいものにしていきます。

最近時間ある時にはこの効果音を作る作業を勉強しています。
使い物になるにはまだだいぶかかりそうです。


久々に有意義な記事を書いた気がします。
次回はBGMの話をしたいです。
スポンサーサイト

category: 機材・設備

[edit]

page top